みなさん。サイクルロードレースin由利本荘ホームページへようこそ。

この大会を知っている方は、なかなかのロードレースマニアだと思います。
3年前の2013年。 ある男の苦し紛れの冗談話が現実になってしまった、ウソのような本当の話から始まった有志の会による大会です。

由利本荘市には有名なMt鳥海バイシクルクラシックというヒルクライムレースがあります。
あちらの大会は今年で29回の歴史を誇る大会です。

ここ数年のロードバイクブームで、世間にはロードバイクで参加できるイベントが多数生まれてきました。

この由利本荘とお隣のにかほ市だけでも、年に3回(トライアスロンを含めれば4回!)もあります!

ただ、ロードバイクのイベントやブームは何故かヒルクライムへ…。
風を切って颯爽と走れるロードバイクで、暑さに耐え、重力に抗い、スピードも出ず、延々と続く自分との戦い…。

いや、カッコ良いです!ストイックなアスリートはリスペクトしてます!

でも、その男は「上り坂」が大嫌いでした。
平坦路(追い風推奨)で走れる気分になるのが大好きでした。

そんな自分が活躍できそうなレースを!

その男はヒルクライムではなく、「平地のロードレース」という主催者にとっては茨の道を裸足で歩くような選択を選んで突き進んでまいりました。

当初からサポートして下さった、秋田県スポーツ振興課の皆さんや、抽選会の賞品を提供してくれる地元企業や自転車メーカーの皆さん。文句も言わずに黙々と手伝ってくれる青年会議所や商工会の皆さんや大会スタッフ。
嫌な顔一つせず、遠い秋田まで駆け付けて、無茶なお願いにも快く応じてくれる招待選手。
そして、この大会をわざわざ見つけて参加してくださる選手の皆さんのおかげで3年目を迎えることが出来ました。

今年は、お世話になった秋田県立大学本荘キャンパスを飛び出し、遂に念願の公道レースです。

1周5㎞のスペースを探すのに1年かかりました(実は意外に近くにあった)。
正直、この大会はその男のモチベーションが原動力です(本人しか知らない事が多すぎて、代わりがいない…)。
自分の走る場を作るために作った大会ですが、忙しくて走る暇もなくなってしまいました(泣)

いつまで続くか分かりません。でも、やるからには楽しんでもらいたいと思って頑張ります!
「あぁ、来年もやらなきゃな~」って思わせるくらい、たくさんの皆様のご参加をお待ちしておりますw