こんにちは。

サイクルロードレースin由利本荘事務局の佐々木です。
参加申込み頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

このレースは平坦なレースの為、ちょっとした接触が落車に至るケースがあります。
レースまでに日数もありませんが、皆さまには安全にお家へ帰って頂く必要がございますので、
ロードレースで安全に走りきるために、皆さまに意識してもらいたいことをお話していきたいと思います。

由利本荘のレースはストレートと直角コーナー主体のレースです。
実はこの直角コーナーが苦手な方、多いのではないでしょうか?

ホビーレースだと、どうしても選手の練習量や体力に大きな差があるので、直角コーナーではその差がハッキリ出ます。

本来はキッチリ減速して一気に加速していくのが、直角コーナーのパターンですが、皆さん出来る限り減速せずに一気に駆け抜けたいと思うのではないでしょうか?
ましてや練習量の少ない方で、体力を温存したいと考える人は、極力集団の風の当たらない所で走り続け、コーナーはスピード落とさずに楽に走りたいと思っているでしょう。

え?そんなことない?
いやいや、練習量少なくてもそれなりの順位が欲しい方の気持ちなんて、手に取るように分かります。
なぜなら、私がそうだからです(笑)。

では、これを読んでいるあなた。
あなたなら、上の画像の時にどの様にしてコーナーを駆け抜けますか?

ん?最速なラインは? アウト・イン・アウト?

…論外です!

確かに一人で走っているときなら、それも良いでしょう。
でも、あなたが集団内で、もしアウト側からイン側に切り込んでいったら、大変な事になります。

ちょっと分かりにくいですが、昨年の落車の画像です。
アウト側の選手からラインを塞がれた選手が落車し、後方の選手を巻き込んでいます。

では、集団でのコーナリングでのラインとはどんなものでしょうか。

基本はこのようになると思います。

集団のアウト側にいたら、アウト・アウト・アウト (イン側には入るな)
集団の真ん中ににいたら、センター・センター・センター
手段のイン側にいたら、イン・イン・イン (アウト側に膨らむのは厳禁)です

そんなの分かってるって?

でも、みんな理解してて走っているのなら落車なんて起きてません。

集団にそういう人が1人いるだけで、レースは瓦解するのです。

逆にもし、コーナリング中にインに切り込んで来る人がいたら、
大きな声で叫んで下さい「あぶないよ!」って。

敬語?必要ありません。

危険回避時は罵声になることもあります。
気になるなら後でフォローすれば良いのです。

むしろ大声で叫ばれるということは、他人を危険にさらしているという自覚を持って下さい。

最速で自分のラインを楽しめるのは、単独で先頭を走る選手のみの特権です。

そもそも、コーナリングについてはコーナーを単体で考えるから…………ブツブツ。

……。

…。

とココまで話をすると、延々長くなりますので割愛させて頂きます。

どうか、皆さま安全にレースをお楽しみ下さい。

事務局 佐々木
高校一年生からロードレースを始め、今年で多分25年め。
10代の頃に、ゴールスプリントで接触した選手が救急車で運ばれるのを見てから、落車しない方法で走る事を最優先にしている。
向上心がないので、上位入賞はないが、集団落車に一切巻き込まれた経験がないことだけが自慢。
冗談抜きで、集団で一番安全な所にいるのが得意です。