こんにちは。

サイクルロードレースin由利本荘事務局の佐々木です。
参加申込み頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

このレースは平坦なレースの為、ちょっとした接触が落車に至るケースがあります。
レースまでに日数もありませんが、皆さまには安全にお家へ帰って頂く必要がございますので、
ロードレースで安全に走りきるために、皆さまに意識してもらいたいことをお話していきたいと思います。

 

まっすぐ走る?

当たり前じゃん!

そう思ったあなた。 それは正しいです。

自転車にとって、まっすぐ走るということは基本中の基本です。
2輪車といえばオートバイがありますが、オートバイは教習の際には板の上をまっすぐ走るという項目があるそうです。
郵便局の配達員さんも出発前に、細い板を敷いてその上を通過してから配達に向かいます。

まっすぐ走るということは、自転車用に身体のバランスが取れている状態です。
このバランスが取れていないと、まっすぐも走れませんし、当然きれいなコーナリングも出来ません。
また、バランスが崩れているとブレーキングで転んだりします。

集団内でフラフラ走られると、周囲は本当に怖いですよね。

では、どんな時にバランスが崩れるか。
・身体に変な力が入ってる、重心が極端に前
・ペダリングがいびつ
・疲れて上半身の力が入っていない
・前を向いていない(下を向く、振り返る等)

色々ありますが、こんなところでしょう。

この中でも、特にレース中に事故を引き起こすのは「前を向いていない」事です。

◯疲れて下を向く→視野が狭くなり→反応速度が落ちる→フラフラ走るようになる→前の動きに対応出来ずに巻き込まれる(もしくはフラフラ走って他人を巻き込む)

◯後ろが気になって振り返る→身体が曲がるので、走るラインも曲がる→他人を巻き込む(もしくは前の選手に突っ込んで自爆する)

全て実際にあったことです。

ロードバイクの前傾姿勢では、首だけを回しても後ろは見えません。
必然的に身体をよじります。
そうすると、車体は振り返った方向に曲がり始めます。

昨年も、これが原因で落車が起きています。

どうしても後ろが気になる場合は、集団から脇に一旦離れ、前後左右の安全を確保してから振り返って下さい。

レース中に集団から離れるのは、場合によってはリスクを伴いますが、怪我をするリスクに比べたら軽いものでしょう。

そもそも、集団の脇に離れた瞬間に置き去りになるようでしたら、体力が限界ということです。
人生かかっているレースではないのですから、安全を第一に考え、そのレースは諦めましょう。

皆さまに課せられているのは、無理に上位に入賞することではなく、怪我なく自宅まで安全にお帰り頂く事です。