せどりにて転売する商品を仕入れる方法としては、昔であれば、bookoffを利用して商品を入手すればある程度利益を得ることが可能でした。ですが現在においてはその方法では利益を得ることができなくなりつつあります。その理由ですが、bookoff自体も最近では、商品の値段を吟味して商品を販売しており昔の様に100円で購入できる良品というものは少なくなってきているのです。つまり、bookoff自体がインターネットで商品を販売するようになってしまったため、値段がほかの転売をしている方々に合わせるようになってきているのです。では、どのようにして商品を仕入れるかについて説明をします。げんじょうでは、せどりにて商品を仕入れる方法としては、個人から商品を入手するのが望ましいです。これはメルカリやジモティーなどフリーマーケット型のアプリを使用して商品を個人の方から購入するのです。または、アマゾンなどの他楽天など大手の通販サイトから入手するという手法を取るとよいでしょう。ちなみに、有名な中古ゲームを販売しているゲーム販売会社などもこうした大手の通販サイトや個人から売買できるサイトにて商品を仕入れ販売しているため、現在ではインターネットを使用して商品を仕入れるのが主流です。この方式が主流となったのには理由がありまして、個人の方のお店が周囲の大手のマーケットに太刀打ちできなくなってくると、個人のお店は商品の希少性で勝負するしかなくなり、インターネットから商品を仕入れることが多くなってきたためです。その為、個人のお店で潰れていないお店というのはうまくインターネットを使用して、希少品を仕入れ高額でインターネットで転売をしている可能性が高いのです。これをせどりに置き換えると、インターネットを駆使して個人から安く希少性のある商品を入手し、高値になるタイミングで売買することで利益を得るということです。この高値になるタイミングとしては、テレビで商品が紹介されるなどの他、商品の新商品が誕生するなど流行が起これば、古い商品でも価値が上がります。ただ、セどりはこの流行を掴み、流行が起こるまで商品を寝かせる必要性があるため、商品を確保してからその商品を寝かせるための場所が必要となるビジネスです。たくさんの商品を仕入れて売買するという特性上、商品を大量に保管することができる施設や場所が無いと難しいネットビジネスですが、場所があれば後は、インターネットで商品を仕入れブームが起きるまで待てばよいので副業としては時間こそかかりますがブームに乗れば利益はかなり上げることができる副業です。